アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

乳酸菌を摂ってうつ病を改善できるってホント?

f:id:anemonelty:20170905002331j:plain

今まで健康だったのに、がんが見つかったなどのときは
「もしかしたら、これで終わりになるのかもしれない…」
と誰でも最初は思うのではないでしょうか。

死とつながることが自分に降りかかってきたときは、大きな
ストレスを感じるものです。

うつ病はこのような例が原因で気持ちが落ち込んだのと
同時に、脳での神経伝達物質の働きが悪くなるなどの
いろいろな要因が重なって発症するとされています。

最近の研究により、うつ病と大きく関わっているのが
神経伝達物質の「セロトニン」で、それが腸内環境と関係が
あることが分かってきています。

今回は、どんな症状のときをうつ病というのか、うつ病が
腸内環境と関係していること、乳酸菌を摂って腸内環境を
整えることによってうつ病を改善できることをご紹介します。

●うつ病ってどんな症状をいうの?

大きなストレスを感じたり、自分の思うようにことが運ば
ない場合は、誰でも気分が落ち込みやる気が起きないもの
です。

でもこんな時友達に会い飲み合って思いを伝えたり、
カラオケなどで気晴らしすれば落ち込んだ気分が解消され
ることもあります。

ところが、うつ病の場合はこんな簡単に気が晴れることは
なく、2週間以上も続き被害妄想的なことばが多くなって
きます。

●うつ病とセロトニンとの関係

うつ病が起こる原因の一つとして、神経伝達物質であるセロトニン
やノルアドレナリンが脳の中で不足していると考えられています。

セロトニンは精神を安定させる物質で、ノルアドレナリンは
交感神経を興奮させる物質で抗ストレス作用があります。

これらの神経伝達物質は脳で分泌されているのですが、セロトニン、
ノルアドレナリンの前駆体は実は8割は腸で作られています。

脳のセロトニンが不足すると、イライラしたり気分が落ち込ん
で精神が不安定になるといわれています。

また、セロトニン不足はうつ病の原因ともいわれています

●腸内環境を整えるとセロトニンが作られやすいの?

セロトニンは、必須アミノ酸の一つであるトリプトファンから
作られます。

トリプトファンは体内では作り出せないので、トリプトファン
を含む食べ物から摂るしかありませんが、これがセロトニンを
作る元になります。

普段はトリプトファンを意識して食べていないので、分からない
かと思いますが、トリプトファンはいつも食べている肉や魚、
豆類に含まれています。

セロトニンは腸内でも作られますが、このセロトニンが脳にいく
わけではありません。

腸内でたんぱく質から分離されたトリプトファンが脳に届き、
それが脳で使われるセロトニンに変わります。

腸内で作られるセロトニンはもちろんなのですが、脳で作ら
れるセロトニンも腸内環境と関係していることが分かって
います。

その理由は腸内環境が整っていて、善玉菌が正常に働いて初めて
食品からトリプトファンが分解できるからです。

悪玉菌が優位の腸内環境では、トリプトファンの分解が上手く
いかないため、脳内に送る量が少なくなり結果的にセロトニンの
合成量が少なくなります。

●乳酸菌、アシドフィルス菌が腸内環境を整える!

腸内環境を整えるのに効果的なことは、乳酸菌を摂ることです。

乳酸菌を摂ることによって、善玉菌が増えれば脳で使われる
セロトニンの前駆体であるトリプトファンの分解に適した
腸内環境に変わっていきます。

腸内環境を効果的に整えるにはプロバイオティクスの一つである
アシドフィルス菌がオススメです。

アシドフィルス菌を含む乳酸菌サプリもいくつかありますので、
こちらの記事も参考にしてみてください。

「アシドフィルス菌の入ったサプリにはどんなものがあるの?」