アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

アトピーに必要なのはビオチン!ヨーグルトとの相性は悪いの?

f:id:anemonelty:20170810153603j:plain

アトピー性皮膚炎になっている方は、血清中のビオチン濃度が
低下していることが知られています。

このためアトピーの症状緩和にはビオチンを積極的に摂ること
がよいとされています。

また、アトピーは免疫機能のバランスが乱れるために引き
起こされるアレルギー反応なので、免疫機能の働きを正常する
ためにヨーグルト摂って腸内環境を整える方法もあります。

でも、ヨーグルトを摂ったらアトピーの症状が悪化したとう
話も聞きますよね。

アトピーに必要なのはビオチンなのですが、ビオチンをつくる
腸内細菌を増やすためや免疫機能の働きを高めるために
ヨーグルトを摂っても大丈夫なのでしょうか。

アトピーとヨーグルトとは、相性が悪いのかをご紹介します。

●ヨーグルトがアトピーと相性が悪いのはどんなとき?

・ヨーグルトがビオチンを消費する乳酸菌のとき

ビオチンにはアトピーの症状を緩和したり、予防する働きが
あります。

アトピーはアレルギー反応により体内で過剰に分泌される
ヒスタミンにより、皮膚に炎症が引き起こされるものです。

しかし、ビオチンにはヒスタミンが過剰に生成されるのを防ぐ
働きがあります。

その他にも角質層を強くしてバリア機能を高める、セラミドや
コラーゲンの生成を高めるため乾燥も改善するなどの効果が
あります。

なので、ビオチンが十分あれば炎症の症状を軽くすることが
できるというわけです。

ところが、乳酸菌の中にはビオチンというビタミンを合成する
ものもいますが、ビオチンを消費するものもいます。

もし、摂取するヨーグルトがビオチンを消費するタイプの
乳酸菌なら、ビオチン不足が起こりアトピー性皮膚炎が悪化
する可能性があります。

ビオチンを消費する乳酸菌としては、フェカリス菌がよく
知られています。


・ヨーグルトに含まれるカゼインにアレルギーがあるとき

ヨーグルトには「カゼイン」というたんぱく質が含まれて
います。

このたんぱく質は3種類あり、なかでもアルファカゼインと
いうたんぱく質はアレルギー反応を起こす可能性があります。

もし、カゼインへの耐性が弱い人がヨーグルトを食べると
アトピー性皮膚炎の症状がさらに悪くなる可能性があります。

これはヨーグルトを食べたときの問題ですので、含まれる乳酸菌
の影響ではありません。

この問題は乳酸菌をサプリで摂ると解決される問題です。


・ヨーグルトに含まれる乳糖を消化できないとき

ヨーグルトにはオリゴ糖に分類される乳糖(ラクトース)が
含まれています。

授乳期から幼児まではこの乳糖を消化するラクターゼという
消化酵素がたくさんありますが、年齢が上がるとともにこの
消化酵素が減ってきます。

このため、ヨーグルトに対して消化不良が起こりやすくなり、
アトピーの症状を悪化させる原因になります。

これも乳酸菌を摂るためにヨーグルトを利用したときに起こる
問題ですので、乳酸菌の問題ではありません。

●アトピーにヨーグルトとの相性まとめ

・ヨーグルトに使われている菌によっては、アトピーの症状
 改善に必要なビオチンを消費するものがあるので含まれる
 菌を選んで摂ることが必要です。

 おすすめの乳酸菌は、ラクトバチルス属のアシドフィルス菌
 です。

 ヒトの腸に常在する菌なので、腸内環境を整え善玉菌を優位
 にします。

 また、アシドフィルス菌はビオチンを合成する働きがあります。

・ヨーグルトに含まれるカゼインや乳糖に対して、耐性が心配
 な方は乳酸菌をヨーグルトではなく、サプリメントで摂る
 ことをおすすめします。

 特にアシドフィルス菌の配合された乳酸菌サプリは、強い
 味方になると思います。