アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

アシドフィルス菌が持つ肌荒れに対する効果とは!?

 

f:id:anemonelty:20170716214044j:plain

 アシドフィルス菌とは乳酸菌の仲間で、人の身体の中に常に
棲んでいる腸内細菌です。

乳酸菌は、ビフィズス菌などとと同じ善玉菌の代表のような
存在です。

アシドフィルス菌は、もともと人の腸に棲んでいることが
分かっていましたが、近年はアシドフィルス菌が持つ優れた
効果に注目が集まっています。

今回は、その効果の一つであるアシドフィルス菌が持つ肌荒れ
に対する効果についてご紹介します。

●アシドフィルス菌が肌荒れに効果があり!

アシドフィルス菌の正式な名前は、
ラクトバジルス属アシドフィルス菌といいます。

ラクトバチルスとは乳酸(ラクト)桿菌(バチルス)という意味で、
名の通り乳酸桿菌は細長い棒状の形をしています。

ついでにご紹介しますと、球形の形をした乳酸菌もいてこちらは
乳酸球菌と呼ばれています。

乳酸球菌も身近な存在で、ヨーグルトに使われている
サーモフィルス菌も乳酸球菌に分類されます。

アシドフィルス菌が肌荒れに効果があるのは、次の3つの働き
によります。

 

●アシドフィルス菌はビオチンを増やし肌荒れを防止

アシドフィルス菌が他の乳酸菌と違っているところは、
ビオチンの生成を助けることです。

ビオチンについては、同じ乳酸菌の仲間でもアシドフィルス菌の
ように生成するタイプと、反対にビオチンを食べるタイプの
乳酸菌がいます。

ビオチンを食べるタイプの乳酸菌の中には、フェカリス菌が
あります。

ビオチンはビタミンB群の一種で、別名ビタミンH、ビタミンB7
とも呼ばれます。

ビオチンは、皮膚の再生や細胞の活性化するビタミンで、これが
無ければ肌荒れや吹き出ものなどの肌のトラブルを起こしやすく
なります。

ビオチンには、肌のターンオーバーを正常にする働きがあります
ので、肌をみずみずしくしたり、しみやくすみなどを予防する
効果も期待できます。


また、アトピー性皮膚炎の症状を緩和する効果もあります。


●整腸効果により有害物質の産生を抑制して肌荒れを予防

f:id:anemonelty:20170430000109j:plain

アシドフィルス菌には、他の乳酸菌の働きと同じように整腸効果
があります。

アシドフィルス菌は、熱や酸に強いため多くは生きたまま腸に
届くことができます。

腸に届いたアシドフィルス菌はそのまま腸に留まる割合も多く、
善玉菌を増やします。

また、悪玉菌を抑制する働きがあります。

腸内で善玉菌が活発になると乳酸菌は、糖を分解し乳酸を生成
するので腸内が酸性になります。

つまり、腸内環境が改善されるので腸の動きが活発化します。

このため悪玉菌により生成される有毒物質は、便と一緒に排出
されます。

もし、腸の動きが悪く便秘になっていたらどうでしょう。

悪玉菌による腸内腐敗が起こり、有害物質が発生します。

これらの有害物質は、便通がスムーズでないため腸壁から吸収
され血液を介して身体を巡ります。

皮膚に行き着いた有害物質は、汗などと一緒に排出されますが
皮膚の正常なターンオーバーを乱し肌荒れや吹き出ものを引き
起こします。


なので、整腸作用が効果を発揮すれば肌荒れが未然に防止でき
ることになります。


●免疫力を高め、肌荒れを防止

アシドフィルス菌は腸周辺にある免疫細胞を刺激しますので、
免疫力が高まってきます。

この免疫力と肌荒れには関係があるのです。

例えば吹き出ものやニキビは、毛穴でアクネ菌が増殖し炎症
することによって起こりますが、身体の免疫力が高まって
いれば、アクネ菌の増殖や炎症を防ぐことができるのです。

しっかりスキンケアをしているのに肌荒れが治らないという
方は、免疫力が低下しているからかもしれません。