アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

肌荒れや大人ニキビの原因は便秘?腸内を整える方法は

f:id:anemonelty:20170720230043j:plain

 

口の周りやあごにできてる大人ニキビや肌荒れを発見して、
早く治したいと思っていませか?

大人ニキビや肌荒れは、便秘とも密接な関係があります。

大人ニキビのと便秘との関係や腸内環境を改善して肌荒れやニキビを
改善する方法をご紹介します。


●大人ニキビの原因は何か知っていますか。

大人ニキビの原因は、思春期にできるニキビの原因と異なり
ます。

思春期にできるにニキビは、過剰に分泌された皮脂が毛穴を
ふさいでしまうことが原因です。

これに対して大人ニキビは、皮膚の新陳代謝のサイクルが乱れ
ぶ厚くなった角質がうまくはがれずに、毛穴をふさいでしまう
のでニキビ菌が増殖してできてしまいます。

大人ニキビの原因は、一つだけでなくいろいろな要因が重なって
いると考えられています。

 

それらは、

・生活習慣の乱れ

・栄養バランスの偏った食事

・ストレス

・睡眠不足

・喫煙や飲酒

・胃腸の不調

・ホルモンバランスの乱れ

・間違ったスキンケア

などです。

要因が重なりあう例をご説明します。

例えば、ストレスを強く受けると眠れなく睡眠不足になり、その
結果」ホルモンバランスが乱れることがあります。

女性の場合は女性ホルモンが肌のうるおいを保つように働いたり、
皮脂の分泌を促進するよう働きますので、ホルモンバランスの
乱れは肌荒れにつながります。


また、肉食中心の食事やお酒の飲み過ぎで胃腸に負担がかかり、
腸内環境が悪化して身体の内側から肌荒れの原因を作ってしまう
場合もあります。

大人ニキビの予防には、生活習慣を見直し規則正しい生活と日頃の
肌のケアをすることが有効です。

●肌荒れやニキビと便秘との関係

f:id:anemonelty:20170726230347j:plain

肌荒れやニキビと便秘とは密接な関係があり、スキンケアで簡単に
改善されない場合は、便秘が原因でありことが考えられます。

なので、便秘の解消が肌荒れやニキビの改善につながります。

便秘をすると肌荒れやニキビが発生するメカニズムについて、
説明していきましょう。

便秘のため便が長期的に腸内に停滞すると、悪玉菌による便の
腐敗が進行します。

便が腸内にとどまったままでいると、善玉菌が減少しさらに悪玉菌
が増えるので有害物質やガスが発生してしまいます。

発生した有害物質は、便通がスムーズなら便と一緒に排出される
のですが、有害物質の出口がなく腸壁から吸収されて血液に流れ
だし全身を巡ることになります。

皮膚までたどり着いた有害物質は、汗や皮脂と一緒に体外に排出
されます。

肌細胞は有害物質の排出に手間が取られ、肌本来の新陳代謝が
追いつかなくなってしまいます。

このため、肌に溜まった汚れを取り除くことができず、肌荒れが
引き起こされます。


●便秘による自律神経の乱れが一層肌荒れをひどくする!

便秘になると腸内環境が悪化するため、自律神経の働きを弱めて
しまいます。

新陳代謝を司っているのは自律神経なので、自律神経が乱れると
新陳代謝の低下を引き起こします。

新陳代謝の低下すると、シミやシワ、くすみができやすくなり
肌トラブルを引き起こします。

手の甲もガサガサになったりします。

また、自律神経の乱れの他にも免疫力が低下するので、肌のバリア
機能が十分でなくなったり、荒れた肌を整えるということも難しく
なります。

●腸内環境を改善して肌荒れやニキビを解消する方法

肌荒れやにニキビを改善するには、肌に効くビタミンが入った
食材を積極的に摂るのも方法です。

肌荒れやニキビに効くビタミンはビタミンB2、ビタミンB6、
ビタミンCの3つとなります。

ビタミンB2を含む食品:鶏レバー、うなぎ、納豆、ブロッコリーなど

ビタミンB6を含む食品:にんにく、まぐろ赤身、鶏ひき肉など

ビタミンCを含む食品:赤ピーマン、パセリ、レモン、芽キャベツなど


・食生活の改善

欧米型の肉中心の食生活では、たんぱく質の摂取が増えるため
悪玉菌が多くなりがりです。

腸内細菌の働きを良くするために、さかなも取り入れた食事や
食物繊維の豊富な野菜や発酵食品なども取り入れていきましょう。

そういう意味で日本食はおすすめです。

・ヨーグルトや乳酸菌サプリで乳酸菌を摂る

ヨーグルトや乳酸菌サプリで乳酸菌やビフィズス菌を摂ることで、
腸内細菌の善玉菌が増えて腸内が整ってきます。

善玉菌が優位になるとこれらが作り出す有機酸により、腸内が
弱酸性になります。

この環境になると悪玉菌の増殖を抑えるので、有害物質である
アンモニアや硫化水素などの発生も抑制されます。

このことは、便やオナラの悪臭がなくなるので自分でも分かり
ます。

発生した有機酸の一部はエネルギーとしても利用され、腸管免疫
も活性化され、身体全体の免疫も強化されます。

以上のように、腸内環境と肌荒れやニキビとは密接な関係があります
のん、腸内を整えることは、ニキビの防止だけではなく、美肌作り
にも欠かせません。

睡眠不足やストレスも肌荒れの原因になりますので、上手に対処
しましょう。