アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

アシドフィルス菌入りとビフィズス菌入りのヨーグルトはどう違うの

f:id:anemonelty:20170723000042j:plain

ヨーグルトは好きですか?

でもスーパーにはいろいろな種類の乳酸菌が入ったものが並んでいて、
どれがいいのか分からないと思うときもありますよね。

乳酸菌は菌の種類に働きが違ってくるので、ヨーグルトは含まれる乳酸菌
の種類によって、効果も異なります。

今回はヨーグルトに含まれている話題の乳酸菌、アシドフィルス菌と
ビフィズス菌の入ったヨーグルトはどう違うのかをご紹介します。

●ヨーグルトに使われている乳酸菌の種類

乳酸菌の種類は200種類もあるとされていますが、ヨーグルトに
使用されている乳酸菌は次の4つです。

大きく分けると腸内に棲んでいない菌と腸内に棲んでいる菌とに
分けられます。

・腸内に棲んでいない菌

<ブルガリア菌>

ブルガリアで発見された乳酸菌で、伝統的なブルガリアヨーグルト
にはブルガリア菌とサーモフィラス菌であることが分かりました。

棒状の桿菌で正式名は、ラクトバチルス・ブルガリカスといいます。

ヒトの腸には棲みつかない乳酸菌です。

次に説明するサーモフィラス菌と合わせヨーグルトを作る際の
スターター(種菌)として使われています。

<サーモフィラス菌>

ブルガリアヨーグルトの中にある菌として発見されました。
 
こちらは球状の球菌で正式名は、
ストレプトコッカス・サーモフィラスといいます。

こちらもヒトの腸には棲みつかない乳酸菌です。

相性のいいブルガリア菌と共にヨーグルトを作る際のスターター
となっています。


・腸内に棲んでいる菌

<ビフィズス菌>

腸内細菌の善玉菌の代表格で善玉菌の99.9%を占めています。

乳酸菌は糖を分解して乳酸を産生しますが、ビフィズス菌は
乳酸と酢酸を産生します。

酢酸には殺菌力があるので悪玉菌の増殖を抑え、腸内環境を良く
します。

ビフィズス菌だけでヨーグルトを作るのは発酵条件などで
難しく、ビフィズス菌は添加されているのが普通です。

ビフィズス菌は酸素があると生きていませんが、ヨーグルトの
場合はビフィズス菌が死なないように工夫されています。

よくヨーグルトのパッケージに、

「生きて腸まで届くビフィズス菌」など

と書かれていますよね。

これには、ビフィズス菌と一緒に酸素があっても生きていける
乳酸菌が入っていてこれを発酵させることによって、酸素の
ない状態に近づけられています。

<アシドフィルス菌>

小腸や大腸、生殖器などに棲んでいる乳酸菌です。

ビフィズス菌入りのヨーグルト同様、アシドフィルス菌だけで
ヨーグルトを作るのは技術的に難しいのでアシドフィルス菌が
添加されています。

アシドフィルス菌は酸や酸素にも強いので、ヨーグルトとして
摂ると多くの菌が生きたまま腸まで届くとされています。

 

●アシドフィルス菌入りとビフィズス菌入りの違い

アシドフィルス菌とビフィズス菌はどちらも腸内に棲む菌
なので、これらが生きて腸まで届けば一番効果があります。

何しろ何割は生きて腸まで届き、そこである程度居続けるの
ですから

乳酸菌の効果・効能はいろいろありますが、代表的なものは
腸内環境を整えて善玉菌が優位な状態を作ることです。

このことにより、悪玉菌を減らし腸内腐敗による有害物質の
発生を抑制したり、有害物質が発生しても便と一緒にズムーズ
に排出する効果があります。

また、腸周辺の免疫細胞を刺激するので免疫機能を強化する
効果もあります。

・アシドフィルス菌入りのヨーグルト

空気があっても生きることができ、酸や温度に耐えるので
腸まで届きやすいといえます。

アシドフィルス菌は温度管理さえよければ、長く菌は生きて
おり保存が利きます。


・ビフィズス菌入りのヨーグルト

ビフィズス菌は人の腸に棲んでいるものが約10種類あると
されています。

そのためビフィズス菌のどの株を使用しているかでも効果が
違うので、利用する人との相性もあり効果もまちまちです。

ビフィズス菌入りのヨーグルトの風味は、乳酸と酢酸を作り出す
ので、くせのある独特な発酵臭があります。

ビフィズス菌が死滅しないような工夫がされていますが、添加
された場合は製造後7~10日でほとんどの菌が死ぬとされている
ので、早めに食べる必要があります。


●アシドフィルス菌入りとビフィズス菌入りヨーグルトのまとめ

ヨーグルトに含まれている菌の種類によって、風味や効果が
異なってきます。

あなたはどちらの乳酸菌を選びますか?

ヨーグルトの場合は、食べた時の風味も重要な要素なので好み
があるかもしれません。

もう一つの要素はやはり、どんな効果が期待できるかですよね。

整腸作用や免疫力の向上以外に花粉症の症状緩和や
抗アレルギー作用、ビオチンの合成などを期待する方は、
やはりアシドフィルス菌入りのヨーグルトをおすすめします。