アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

アシドフィルス菌により、お通じの悩みを解消

f:id:anemonelty:20170726230347j:plain

何日もお通じがなくて困っているということは、ありませんか?

長い間お通じがないと、お腹が張ってくるので不快になります
よね。

・女性の場合はお通じが悪いと太ることも気になります。

・お通じが悪くなると肌荒れやむくみ、吹き出ものが出る。

・腹部の不快感や腹痛で、食欲がない。


以上のような便秘の症状があると気分もスッキリしないものです。

また、お通じが悪い症状が長引くといろいろな病気の原因とも
なります。

お通じを良くしていくには、食生活や生活習慣の改善が必要です。

今回はお通じを良くしていくために摂るとよい食材や乳酸菌の
アシドフィルス菌を摂りお通じの悩みを解消する方法をご紹介
します。

●便秘とはどんな状態をいうの?

便秘は規則的な排便がないことをいいますが、個人差があり
ます。

排便回数は必ずしも1日1回である必要はなく、数日に1回、
1日2回以上でも定期的に排便があり、その人が体の異常や
不快を感じなければ便秘とは言い切れません。

胃の中に食べ物が入るとその刺激により、大腸がぜん動運動
を起こして便が腸に運ばれます。

一定の量が直腸に溜まると便意が生じ、排便することになり
ますが、この流れのどこかに異常があると便秘になってしまい
ます。

●お通じが悪い原因は食生活とも関係

お通じは食べたものを排出するので、毎日の食生活とも密接
な関係があります。

例えば食事時間が不規則ですと、自律神経が乱れ腸の動きが
悪くなる場合もあります。

食事は規則正しく1日3食摂るようにしましょう。

特に、腸の動きのためには朝食が大事です

朝、目が覚めてから朝食を摂ることでからっぽの胃が刺激されて
腸のぜん動運動が盛んになります。

この運動は朝食後1時間以内で起こることが多く、朝食を抜く
と便意が起こりにくくなります。

また、目覚めてすぐに水や牛乳を飲むことも腸の動きを活発化
します。

ダイエットなどで朝食を食べなかったり、食べる量が少なかった
りしても便秘が引き起こされますので、バランスのいい食事を
こころがけましょう。

●ストレスもお通じに影響を与えます。

ストレスもお通じと密接な関係があります。

緊張を強く感じるとお腹が痛くなったり、下痢になったりした
ことはありませんか。

ストレスを感じると自律神経が乱れるので、その乱れが神経を
介して腸の働きを悪くします。

このため、腸のぜん動運動が弱くなるため便の移動が停滞し
お通じが悪くなります。

この種の便秘はけいれん性便秘と呼ばれ、腸のぜん動運動が
強く起こり過ぎて腸が収縮することもあり、便秘と下痢を繰り
返すこともあります。

●お通じを改善する食材

・食物繊維の多いものを摂る

食物繊維はほとんど消化されないので、腸まで届いて便の量を
増します。

食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があります。

水溶性食物繊維は腸内の水分に溶けてゲル状になる性質があり、
有害物質を吸着して体外へ排出します。

また、水溶性食物繊維は腸内細菌の善玉菌のエサにもなるので、
善玉菌を増やし腸内環境が改善されます。

水溶性食物繊維は、リンゴなどの果物、こんにゃく、海藻、
きのこなどに含まれています。

一方、不溶性食物繊維は腸内の水分を吸収して、大きく膨らみ
ます。

食物繊維の膨らみにより腸を刺激して、腸のぜん動運動を活発
にします。

不溶性食物繊維は、穀類、野菜、豆類、イモ類に含まれて
います。

・アシドフィルス菌入りのヨーグルトや乳酸菌サプリを摂る

お通じを改善するには、ヨーグルトや乳酸菌サプリで乳酸菌や
ビフィズス菌を摂ると、腸内の善玉菌が活性になります。

中でも最近注目されているのがアシドフィルス菌の入った
ヨーグルトや乳酸菌サプリです。

アシドフィルス菌は人の腸内などに棲む乳酸菌で、熱や酸に
強いため生きたまま腸まで届きます。

腸に届いたアシドフィルス菌は、乳酸菌を作って腸内を弱酸性
にするので腸の動きを高めます。

また、悪玉菌は酸性の環境を嫌うので悪玉菌の増殖を防ぎます。