アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

アシドフィルス菌は産み分けの効果があるのは本当でしょうか。

f:id:anemonelty:20170727144715j:plain

乳酸菌のアシドフィルス菌は産み分けにも効果があるという
話があります。

アシドフィルス菌の効果として、整腸作用、免疫機能の強化、
肌荒れ改善、アトピー性皮膚炎や花粉症の症状緩和などが良く
知られていますが、産み分けの効果は意外でした。

もしかしたら、都市伝説かもしれません。


でも、家族構成や将来を考えるともしできるなら産み分けを
したいなという気持ちが分かります。

「赤ちゃんは天からの授かりもの」とも言われますが、2人とか
3人になってくると、次の子は女の子が欲しい、男の子が欲しい
なと思うのも自然な感情ではないでしょうか。

アシドフィルス菌の産み分け効果は本当に効果があるので
しょうか。

見分けを希望されている方には興味あることだと思いますので
ご紹介します。

●女の子と男の子の性別はどのようにして決まるの?

産み分けをご紹介する前に女の子と男の子の性別はどのように
決まるのでしょうか?

性別を決定する染色体には、X染色体とY染色体の2種類あります。

卵子の性染色体はすべてX染色体で、
精子の性染色体にはX染色体とY染色の2種類があります。

女の子と男の子の性別は、これらの性染色体の組み「わせに
よって決まります。

・女の子誕生:

 卵子(X染色体)とX染色体を持った精子が受精して受精卵
 の性染色体がXXになる場合

・男の子誕生:

 卵子(X染色体)とY染色体を持った精子が受精して受精卵
 の性染色体がXYになる場合
 
以上のように男女の区別はかなり単純に受精の瞬間に決まる
ことになります。

なので産み分けを考えるには、受精の瞬間にどちらの染色体
の精子と受精させるかがポイントになります。


●アシドフィルス菌が産み分けにどう関係するの?

f:id:anemonelty:20170727145427j:plain

産み分けに関するブログなどもこれから産み分けをしたいと
考えている人には人気です。

アシドフィルス菌を使って産み分けに挑戦している方もいる
ようです。

アシドフィルス菌による産み分けは、女の子の産み分けに
向いている方法です。

その理由は、乳酸菌の一種のアシドフィルス菌を摂取すると
腸内と膣内のpHが弱酸性に保たれるので、女の子の産み分け
向きの体になれるということです。

アシドフィルス菌はもともと膣内などに常在する菌で膣内を
弱酸性にする効果がありますが、ストレスなどで抵抗力が
低下するとこの減少します。

この乳酸菌の減少を内側から改善するのが、やはり
アシドフィルス菌の摂取なのです。

膣内の環境が弱酸性に保たれるとどうして女の子が生まれ
やすくなるのでしょうか。

これはXまたはY染色体をもつ精子の特徴が異なるからなのです。

・男の子となるY染色体を持つ精子の特徴:

 アルカリ性に強く酸性には弱い

・女の子となるX染色体を持つ精子の特徴:

 酸性に強くアルカリ性には弱い


この理由は産み分けの相談をしてくれる産婦人科などで使用される
産み分けゼリーと同じ考え方です。

産み分けゼリーの考え方は、Y染色体とX染色体の特性を考えて
作られています。

産み分けゼリーの考え方を簡単におさらいしてみましょう。

男の子ゼリー(グリーンゼリー)は、男の子の産み分けに用い
膣内環境をアルカリ性に保ちY染色体を持つ精子が生き延び
やすいようにします。

一方、女の子ゼリー(ピンクゼリー)は、女の子の産み分けに
用い、膣内環境を酸性に保ちX染色体の精子が生き残りやすい
ようにします。


アシドフィルス菌を摂ることによって膣内環境が酸性になる
ことは、女の子ゼリーを用いる場合と同じような環境ができる
ことになります。

ついでに紹介しておきますと、

・排卵日の2日前に行為をする

・行為はあっさりとする

のもコツだとか。

 

しかしすぐに効果はありませんので、数カ月前から摂取することが
大切です。

いずれにしても、旦那さんの協力が必要ですね。