アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

アシドフィルス菌L-55株の効果・効能とは!?

f:id:anemonelty:20170801151616j:plain

アシドフィルス菌という乳酸菌をご存知ですか。

アシドフィルス菌は、人の体の中に常在する乳酸菌で小腸や
大腸のみならず、口腔や生殖器の中など幅広く棲んでいます。

アシドフィルス菌は何種類か発見されていますが、中でも
アシドフィルス菌L-55株はオハヨー乳業が2000年に発見した
乳酸菌です。

酸や酸素に強いので生きたまま腸まで届くことができるので、
いろいろな効果・効能が期待できる注目の乳酸菌です。

今回はアシドフィルス菌L-55株の効果・効能についてご紹介
します。

●アシドフィルス菌とはどんな乳酸菌

アシドフィルス菌の正式な名前は、
ラクトバチルス・アシドフィルスといいます。

形状はが棒状なので桿菌に分類されています。

それもそのはず、ラクトバチルスは日本語で”乳酸桿菌”
という意味なのです。

よく対比されるビフィズス菌は、酸素があると生きていけ
ませんが、アシドフィルス菌は酸素があっても無くても生きる
ことができる性質を持っています。

今回ここで紹介するのは、アシドフィルス菌L-55株です。

この乳酸菌は健康な人の乳児の糞便の中から発見したといわれて
います。

糞便の中から採取した乳酸菌を人の体温程度の温度と胃酸と
同等の酸性度の中で培養し、生存性の高いものを選んだ結果、
最も強靭だったのがこのアシドフィルス菌L-55株だったのです。

また、この菌を腸内と同様な環境で試験したところ、菌が減少
することもなく腸管への付着性も高いことが分かりました。

つまり、腸内でも生存、増殖できる可能性が高いとうことが
分かったのです。

●アシドフィルス菌L-55株の効果・効能

f:id:anemonelty:20170801151641g:plain

アシドフィルス菌L-55株の電子顕微鏡写真、オハヨー乳業HPより

アシドフィルス菌L-55株は、胃酸に強く生きたまま腸に届く
可能性が高いのです。

生きたまま腸に届く菌の数が多ければ多いほど、腸内環境を
整える効果やその他のいろいろの効果もより高いものが期待
できることになります。

アシドフィルス菌L-55株の主な効果・効能を挙げると
次のようなものがあります。

・便秘の解消や予防

 詳細については、こちらの記事が参考になります。

 「アシドフィルス菌により、お通じの悩みを解消」

・花粉症の予防

 次のアトピー性皮膚炎と共にマウスを使った実験でその効果
 が確認されています。

 マウスの花粉症の症状には、鼻のひっかきやくしゃみがあり
 ます。

 これらの症状をアシドフィルス菌L-55株を与えたマウスと
 そうではないマウスとを比較したところ、アシドフィルス菌
 L-55株を与えたマウスに次の結果が得られています。

 ・花粉症の症状である行動が減っている。

 ・血清中のアレルギー反応を起こす抗体が減っている。

 詳細については、こちらの記事も参考になります。

 「アシドフィルス菌入りのサプリは花粉症に効果あり」

・アトピー性皮膚炎の改善

 マウスを使った実験では、アシドフィルス菌L-55株を
 与えた方が体をかく行動減り、症状も改善された結果が
 得られました。

 詳細については、こちらの記事も参考になります。

 「アシドフィルス菌はビオチンを増やすので、アトピーに効果的」

・イソフラボンの吸収促進

 アシドフィルス菌L-55株には、イソフラボンを吸収
 しやすい形に変換する働きが確認されています。

 イソフラボンは女性ホルモンに似た物質で、肌の健康や
 美白効果が期待されているものです。

 女性の方には嬉しい話ですよね。

 アシドフィルス菌L-55株と一緒にイソフラボンを含む豆腐
 や納豆などを食べるとより多くイソフラボンが吸収される
 ことになります。

・黄色ブドウ球菌や大腸菌の増殖抑制


以上がアシドフィルス菌L-55株の主な効果・効能です。

是非毎日の食事の後などにアシドフィルス菌L-55株の
入ったヨーグルトを摂ってみてはいかがですか。