アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

ビオチンはアシドフィルス菌と一緒に摂ると効果的!

f:id:anemonelty:20170809113816j:plain

ビタミンB群の仲間のビオチンは、皮膚のさまざまなトラブルの
改善に役立つとされています。

中でもアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎などにビオチンが有効
なので、利用している方も多いのではないでしょうか。

実は、ビオチンを摂るときはアシドフィルス菌と一緒に摂ると
効果的といわれています。

今回は、ビオチンの効果・効能とビオチンが不足する原因を
おさらいし、ビオチンの摂取方法とアシドフィルス菌と一緒
に摂ると効果的なことをご紹介します。

●ビオチンの効果・効能とは

ビオチンはビタミンB群の仲間で、ビタミンB7やビタミンHとも
呼ばれます。

また、皮膚や髪のビタミンとも呼ばれています。

ビオチンはアトピー性皮膚炎を予防・緩和する効果があるので、
アトピーに悩まされ、ステロイドを使いたくないと思っている方
は既に利用されている方もいるかもしれませんね。

アトピーは、ヒスタミンにより皮膚に炎症が引き起こされる
ものです。

ビオチンにはヒスタミンの元となるヒスジンを体外に排出がある
ので、アトピー性皮膚炎を改善するのに効果があります。

 

ビオチンの主な効果・効能を挙げると次のようなものがあります。

・皮膚のトラブルに効果的(乾燥、痒み、赤くなるなど)

・毛髪や爪の健康維持(薄毛や脱毛、白髪を予防)

・筋肉痛の緩和

・免疫異常を改善し、アレルギーを起こりにくくする

・皮膚炎を起こすヒスタミンの産生を抑える

・美肌に不可欠なコラーゲンを生成

・皮膚のバリア機能に関係するセラミドを生成

●ビオチンが不足する人

ビオチンはレバーやいわし、大豆、とうもろこし、玉ねぎなどの
多くの食品に含まれ、かつ腸内細菌によっても合成される
ビタミンなので普通の食生活をしていれば不足することはないと
いわれています。

でも、決定的に少ないとまでいかなくても、慢性的にビオチンが
不足している人は多いといわれています。

ビオチンが不足する人を挙げると、

・腸内環境が悪く便秘や下痢がちな人

ビオチンは腸内細菌が無視できないほどの量のビオチンを作り
出しています。

ところが、腸内環境が悪く便秘や下痢がちになると悪玉菌が優勢に
なるため、ビオチンを上手く作り出せなくなるのです。

・生卵を多く食べる人

生の卵白に含まれるアビジンは、胃の中でビオチンと結合して、
ビオチンの吸収を阻害します。

ただ、これは生の卵白を大量に摂りつづけた場合で、生卵を
1~2個毎日食べるくらいなら問題はありません。

・お酒をよく飲む人

アルコールを分解する時にビオチンが多く消費されます。

・タバコを良く吸う人

タバコに含まれるニコチンなどの有害物質を分解する時に
ビオチンが消費されます。

・抗生物質を長期間服用している人

風邪などの抗生物質を長期間服用すると、腸内の善玉菌も
死んでしまうためビオチンを作り出せなくなります。

●ビオチンの摂取方法は?アシドフィルス菌と一緒に摂ると効果的

ビオチンはアトピー性皮膚炎や脂漏性皮膚炎のみならず、
美肌や育毛などさまざまな効果が期待できます。

ビオチンの摂取方法は食品からでも可能ですが、やはり
サプリメントから摂る方が手軽で効率的です。

ビオチンをサプリメントで摂る場合は、飲み方に注意が必要
とされています。

・ビオチンの効果的な摂り方

(1)1日複数回に分けて飲む

ビオチンの効果を発揮させるには、血液中のビオチン濃度を
一定に保つ必要があるとされています。

このためには、1日1回よりも複数回に分けて飲む方がよい
のです。

(2)ビオチンと相性のいい栄養素と一緒に摂る

ビオチンだけを摂っても、中々効果が表れない場合があります。

特に、ビタミンB群やビタミンC、葉酸などはビオチンと相性
のよい栄養素なので、食事やサプリなどで積極的に補うことも
大切です。

ビタミンCにはビオチンの吸収を高める働きや、ビタミンC自体
にも抗酸化作用があり美肌効果があります。

(3)アシドフィルス菌と一緒に摂る

ビオチンを摂っても腸内環境が悪ければ、効果が表れない場合も
あります。

これは、腸内細菌の悪玉菌がビオチンを食べてしまうからです。

アシドフィルス菌と一緒に摂ることで、この点がカバーできます。

アシドフィルス菌は、腸内に常在する菌なので腸内環境を良くする
のに優れていて悪玉菌の増殖を防ぎ、善玉菌が優位な環境にします。

悪玉菌が減少するとビオチンが食べられることなくなるので、有効
に吸収されます。

また、アシドフィルス菌には他の乳酸菌が持っていない働きが
あり、不足しているビオチンを合成します。