アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

ビオチン療法で慢性的な大人ニキビを改善する方法とは

 

f:id:anemonelty:20170815164808j:plain

大人ニキビを引き起こす内側の原因の一つにビオチンの不足
が挙げられています。

ビオチンが不足すると皮膚のバリア機能が乱れ、ニキビができ
やすい状態になります。

また、免疫機能の低下が影響しているともいわれています。

ビオチンを補充することによって、免疫機能を向上させ慢性的な
大人ニキビの症状を改善するという治療方法がビオチン療法です。

今回は、ビオチンと大人ニキビとの関係やビオチン療法や実施
する上での注意点をご紹介します。


●ビオチンと大人ニキビとの関係

ビタミンB群の仲間であるビオチンは、肌や粘膜の健康を
維持するために必要なビタミンです。

ビオチンは美肌作りに密接な関係があり、ビオチンが不足
するといろいろな肌のトラブルが引き起こされます。

アトピー性皮膚炎や脂漏性湿疹、掌蹠膿疱症などは、
ビオチン不足によることは良く知られていることだと思い
ます。

でも、肌のトラブルはこれだけではありません。

ビオチンは、大人ニキビにも有効な成分であることをご存知
でしたか?

ビオチンの効果はいろいろありますが、大人ニキビとの関係
でいえば”セラミドの合成を高める働き”があります。

セラミドとは、肌の角質層内にある重要な成分で、角質層
から下の細胞を守るバリア機能を果たします。

なので、ビオチンが足りなくセラミドが不足すると肌が乾燥
したり、肌のバリア機能が乱れ慢性的なニキビや肌荒れが
起こりやすくなります。

また、ターンオーバーも乱れ、低下するので古い角質が毛穴
をふさぎ大人ニキビの症状を悪化させる可能性があります。


●ビオチン療法とは

ビオチン療法は、皮膚科にいけばやってくれるところもあり
ますがどこの皮膚科でもやっているということではありません。

ビオチン療法のやり方は、簡単なので自宅でもできます。

・サプリメントとして販売されているビオチン

・整腸剤のミヤリサン

・サプリメントとして販売されているビタミンC

この3つを毎食後に1日3回飲むだけです。

 

ビオチンの補充だからといって、ビオチンだけを飲むとビオチン
が悪玉菌のエサになってしまい、どんどん食べられてしまいます。

そのために飲むのが整腸剤のミヤリサン(宮入菌、別名酪酸菌)
です。
整腸剤のミヤリサンは整腸生菌成分の1つであり、生物でもっとも
耐久性があると言われている芽胞を形成する酪酸菌(宮入菌)を
主成分とした整腸薬です。

ミヤリサンは悪玉菌の増殖を抑えるため、ビオチンが腸から吸収
されやすくなります。

また、善玉菌の働きを高めるので腸の動きが活発になり、お通じ
が改善されます。

ビタミンCはビオチンの吸収率を上げる目的ですが、その他の
効果としては抗酸化作用やコラーゲンの生成をサポートするなど
美肌効果もあります。

●ビオチン療法で注意が必要なこと

ビオチン療法は、効果がでるまでに時間がかかるといわれて
います。

1ヶ月程度で効果が表れないからと言って、中断するには早すぎる
かもしれません。

あきらめず3ヶ月は継続してみることをおすすめします。

また、ビオチン療法を効果的にするためには、禁煙と飲酒に注意
が必要です。

タバコを吸うと有害物質を解毒するために、ビオチンを大量に
消費してしまいます。

飲酒の場合も、アルコールを代謝するときにビオチンを使う
ので、飲み過ぎるとビオチンが不足になります。