アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

乳酸菌、アシドフィルス菌は認知症の予防にも効果的なの?

f:id:anemonelty:20170829002619j:plain

最近物忘れがひどくなって、

・買い物に行って買ってこようとしたものが、うっかり買い
 忘れた。

・友達と約束したことをうっかり忘れた。

などの経験はありませんか。

物忘れがどんどんひどくなると、認知症に発展していくのではないか
と心配になりますよね。

でも、物忘れの自覚があるうちは大丈夫です。

認知症の物忘れの場合は上記の友達との約束の例でいえば、約束
したこと自体を忘れています。

でも、認知症にいつなるとも分かりませんので、認知症の予防を
しておくことは大切なことと思います。

認知症を予防するには、腸内環境の改善が重要といわれています。

今回は、腸内環境を改善することが認知症の予防につながること、
腸内環境を改善するには乳酸菌、アシドフィルス菌を利用すること
が効果的なことをご紹介します。

●腸内環境と認知症との関係

腸内が悪玉菌優勢の人は認知症になりやすいことが分かって
います。

東大の光岡知足名誉教授によれば、アルツハイマー病の患者さん
の腸内の悪玉菌は健常者の腸内の悪玉菌に比べて明らかに菌数が
多い傾向にあったということです。

また、その多くの患者さんは便秘にも悩まされていたとのことで
あり、腸内環境の悪化と認知症には何らかの関係があるとされて
います。

腸は第二の脳ともいわれているのをご存知ですか。

腸は食べたものの消化吸収、排泄のための器官ではなく、脳と
同じように神経系や内分泌系があって脳からの指令がなくても
他の臓器を動かすことができるのです。

また、脳と腸は神経でつながっており、脳の指令が腸にいくこと
もあれば、腸で感じたことが脳に伝達されることもあります。

その他に、脳からの指令を受けずに単独に行動できる機能も
持っているのです。

脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」や
「ドーパミン」の前駆体は実は8割は腸で作られています。

セロトニンは精神を安定させる物質で、ドーパミンはやる気や
幸福感を得る物質です。

ところが、腸内環境が悪く悪玉菌が優勢になるとセロトニンの
生成にも影響が出てきます。

脳のセロトニンが不足すると、イライラしたり気分が落ち込ん
で精神が不安定になるといわれています。

また、セロトニン不足はうつ病の原因ともいわれています。

高齢者にうつがあると2倍も認知症が発症しやすいともいわれ、
セリトニンと認知症との関係も注目されています。

●乳酸菌、アシドフィルス菌で認知症の予防にも

前節で説明したように、腸内では神経伝達物質のセロトニンを
はじめ、脳の働きに必要なビタミン類が作られます。

ビタミンを作るのは腸内細菌の善玉菌です。

また、認知症は血液中に必須アミノ酸の一種である
「ホモシスティン」が多くなると発症リスクが高まるとされて
います。

血液中の「ホモシスティン」濃度が高まるのは、ビタミンB12、
葉酸などのビタミンB群が不足しているためともいわれています。

これらのビタミンも腸内細菌の善玉菌が作り出しているので、
腸内環境が良くなければ不足します。

したがって、腸内を整え善玉菌が多い状態にしておけば、
認知症の予防や進行を遅らすことができるのです。

・腸内の善玉菌を増やすには乳酸菌、アシドフィルス菌が有効

認知症を予防するために善玉菌を増やす方法には次のようなもの
があります。

(1)発酵食品を摂る

発酵食品である納豆や味噌、キムチなどの漬物、チーズなどには
善玉菌が豊富に含まれています。

発酵食品を摂ることで腸内を整え、善玉菌を増やすことができ
ます。

(2)乳酸菌、アシドフィルス菌サプリを摂る

発酵食品をチョイスして食べることが忙しくてできないという
方には、乳酸菌、アシドフィルス菌の入ったサプリメントを利用
することをおすすめします。

サプリは何ていっても手軽で、食品に比べて大量の菌数が摂れる
ので効果的です。

乳酸菌の中でもおすすめなのは、アシドフィルス菌の入ったサプリ
です。

アシドフィルス菌は胃酸や胆汁酸にも強いので、生きたまま腸
まで届き、善玉菌を増やしてくれます。

アシドフィルス菌入りの乳酸菌サプリについては、以下の記事で
紹介していますので参考にしてください。

アシドフィルス菌の入ったサプリにはどんなものがあるの?