アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

アレルギー性蕁麻疹には乳酸菌、アシドフィルス菌が効果的

f:id:anemonelty:20170829175320j:plain

突然身体に赤い発疹ができてそれが島のようにひろがり、ひどく
かゆくなった経験はありませんか。

そして赤い発疹は、直ぐに消えてしまう。

もし、こんな症状ならアレルギー性蕁麻疹かもしれません。

こんな不快な症状を緩和するには、乳酸菌、アシドフィルス菌
を摂ることによって改善の効果が期待できます。

今回は、蕁麻疹の症状や引き起こす原因、症状を緩和するには
乳酸菌、中でもアシドフィルス菌が効果であることをご紹介
します。

●蕁麻疹とはどんな症状

蕁麻疹というとアケルギーと思う方もいらっしゃるかもしれません
が、蕁麻疹すべてがアレルギーによって起こるわけではありません。

蕁麻疹の症状は、最初は赤い膨らみがポツッとでき、なんだろう
と思っているとだんだん大きく広がったり、地図のような形の
赤い盛り上がりが身体のあちこちに出てきます。

出た時は、かゆくて仕方ありませんが多くは数分から数時間で
消えてしまいます。

蕁麻疹は大きく次の2種類に分類できます。

・アレルギー性蕁麻疹

アレルギー性蕁麻疹は、花粉症と同じように特定のアレルゲンに
対して免疫システムが過剰反応して起こる蕁麻疹のことです。

アレルゲンになるものは、食べ物、食品添加物、動植物などが
あります。

・非アレルギー性蕁麻疹

下着による摩擦や圧迫、ベルトやひもなどによる圧迫、熱さや
寒さ、振動、日光などの物理的刺激やストレス、発汗などが
原因で起こる蕁麻疹のことです。

非アレルギー性蕁麻疹の場合は、かゆみが伴わない場合もあり
ます。

●蕁麻疹を引き起こす原因

非アレルギー性蕁麻疹が引き起こされる原因は、一般的に
次のように考えられています。

皮膚の下の真皮の血管周辺には、肥満細胞がありこれが物理的
刺激を受けると免疫機能により「ヒスタミン」という物質が
放出されます。

この物質により、かゆみがでたり、抹消血管を拡張するので
赤い盛り上がりが起きてしまいます。


アレルギー性蕁麻疹の場合も、結果的には真皮の下の肥満細胞から
放出されるヒスタミンによって皮膚のかゆみや発疹が起こります。

こちらの場合は、肥満細胞にあるアレルギー反応に関係するIgE
という抗体が関係してきます。

この抗体とアレルゲンとがぶつかと、アレルゲンを排除するための
反応が起こり、化学物質のヒスタミンが放出されるのです。

●アレルギー性蕁麻疹には乳酸菌、アシドフィルス菌が効果的

アレルギー性蕁麻疹は、免疫機能のバランスが崩れることによって
起こります。

アレルギーの症状が発症する場合は、前述のIgE抗体が過剰に
でき過ぎていることによります。

IgE抗体がなぜでき過ぎるのでしょうか。

それは免疫細胞のヘルパーT細胞と関係があります。

ヘルパーT細胞には、Th1細胞とTh2細胞の2種類があります。


それぞれの働きは、

・Th1細胞:感染防御

・Th2細胞:アレルゲンの排除

で両者がバランスを取りながら免疫の働きをします。


ところが、ストレスや食生活の乱れなどで免疫機能が低下
してくると両者のバランスが崩れ、Th2細胞の働きが過剰に
なるとIgE抗体がたくさん作られてしまうのです。


乳酸菌、アシドフィルス菌にはこの免疫機能のバランスを
適切な状態に整える働きがあることが、今までのいろいろ
な研究から分かってきています。

乳酸菌の中でもアシドフィルス菌は、アレルギーの炎症を
起こすヒスタミンの元となる物質ヒスチジンを排出する
「ビオチン」というビタミンを腸内で作る働きがあります。

このため、アレルギー性皮膚炎であるアレギー性蕁麻疹の
症状を緩和します、

●アレルギー性蕁麻疹に効く乳酸菌サプリ

f:id:anemonelty:20170527000147p:plain

アレルギー性蕁麻疹に効果的な乳酸菌は、ビオチンの生成
をサポートするアシドフィルス菌がぴったりです。

中でも「乳酸菌革命」というサプリメントは、
アシドフィルス菌をはじめ主役級の16種類の乳酸菌が
配合されたものです。

この乳酸菌サプリを継続して摂ることによって、皮膚や髪
のビタミンともいわるビオチンを確実に増やしていくこと
ができます。

このため、アレルギー性蕁麻疹はもとより
アトピー性皮膚炎などの肌のトラブルの症状を緩和するのに
効果があります。