アシドフィルス菌ヨーグルト、サプリは花粉症や肌荒れ便秘にも効果があり?

乳酸菌のアシドフィルス菌は、肌荒れ便秘や花粉症・アトピーにも改善効果がある!? ヨーグルト、乳酸菌サプリどちらで摂ると効果的なの?アシドフィルス菌の入った 乳酸菌革命はオリゴ糖も入っているので、一層効果的!

冷え症で悩んでいませんか?アシドフィルス菌は冷えの改善にも効果的

f:id:anemonelty:20170903001127j:plain

寒い時期は手足がガチガチに冷えて身体はいつも冷え切った感じ、
暑い時期でもクーラーを入れると足や腰が冷えるて困る。

など、冷え症で悩んでいませんか?

夏でも靴下を履かなくてはいけないし、クーラーのある所には
カーディガンを持参しなければならないのは面倒ですし、他人
から変に思われないか心配になるものですよね。

冷え性って、腸内の環境を密接な関係があるのをご存知ですか?

腸内環境を良くするには乳酸菌を摂ればよいとされますが、
それは便秘に対して大きな効果があるばかりではなく、冷え性
にも効果が期待できるんですよ。

今回は、腸が冷える原因、冷えによる影響、冷え性を改善する
には乳酸菌のアシドフィルス菌が効果的なことをご紹介します。

●冷え性は何が原因なの?

冷え症は血行が悪いために引き起こされていることは、直観的
にも分かりますが、それが腸の状態と関係があることはあまり
知られていないかもしれません。

腸内環境が悪くなると、腸内細菌の悪玉菌が増えてくるため
腸内環境は酸性が弱くなりアルカリ性に傾いていきます。

このため腸の運動が低下して、便秘が起こります。

便秘のとき大きく関係しているのが自律神経で、腸内環境以外
にストレスや疲れが要因となり自律神経に乱れが生じています。

自律神経は自分の意志ではコントロールできない神経で、
行動を起こすのに必ような交感神経と、休息時に働く副交感
神経とから成り立っています。

健康であればこれらの2つの神経はバランスを取り合って、
機能しますがこれらのバランスが崩れると身体の機能も低下
してきます。

そのため、腸内の変化で便秘が起きたり、血管の収縮が上手く
いかず血行不良の原因になってしまうのです。

それが冷えの原因になっています。

また、運動不足になると筋肉が落ち血流が落ちますので、熱を
作りにくくなり冷え気味になります。

●冷え症が続くと身体にどんな影響がでるの?

昔から「冷えは万病のもと」といわれているのを、聞いたことが
あるかと思います。

冷えが続くと血液の循環が悪い状態が続くため、肩こり、不眠、
肥満や下痢、肌荒れなどのさまざまな不調の原因となります。

また、免疫力が低下するため病気になりやすくなります。

体温と免疫力との関係は、

「体温が1℃下がると免疫力が30%下がる」

といわれています。

このことばだけからでも、冷え性になると体温も低くなるので
免疫力が低下してくることが分かるかと思います。

例えば、便秘になると悪玉菌が未消化のたんぱく質などを
分解して有害物質を作り出します。

有害物質は一部オナラや便と一緒に排出されますが、残りは
腸壁から吸収され血液に入り、解毒のため肝臓や腎臓に運ばれ
ます。

そのため、肝臓や腎臓に負担がかかりトラブルを引き起こす
原因にもなります。

女性の場合は、冷えは不妊症の原因になったり、妊娠しても
流産の原因にもなったりします。

こんな場合は、冷えは命とも直結しているということができます。

●アシドフィルス菌により便秘と冷え性を改善!

冷え性の改善には、食事や生活習慣を改善し腸内環境を整え、
善玉菌を多くすることが不可欠です。

そのためのいくつかをご紹介します。

・お通じを良くする食物繊維を多く含む食べ物を摂る

昔から「便秘をしないように野菜を摂れ」といわれていますが、
野菜には食物繊維が多く含まれています。

食物繊維は消化できる酵素がないため、消化されないで大腸に
送られます。

食物繊維は水を含み膨張してカサを増してくれるので、腸管を
刺激して腸の動きが活発になります。

便のカサを増すには、水に溶けない不溶性食物繊維を摂ること
がよいことになりますが、食べ過ぎるとお腹が張ったりします
ので、水溶性食物繊維も併せて摂るようにしましょう。

・乳酸菌、アシドフィルス菌を摂る

お通じを改善するには、乳酸菌やビフィズス菌を摂ると、腸内
の善玉菌が活性になります。

中でも最近注目されているのが乳酸菌のアシドフィルス菌です。

アシドフィルス菌は人の腸内などに棲む乳酸菌で、熱や酸に
強いため生きたまま腸まで届きます。

腸に届いたアシドフィルス菌は、乳酸を作って腸内を弱酸性
にするので腸の動きを高めます。

また、悪玉菌は酸性の環境を嫌うので悪玉菌の増殖を防ぎます。


腸内環境を整えることによって、

・腸の動きが良くなり、お通じが解消される

・お通じが解消され、自立神経のバランスを回復することに
 よって血液の循環が良くなり、冷え性の改善が期待できる

ことになります。


冷え症の改善には、まずは生活習慣を改善して腸内細菌の
バランスを整え、お通じをよくすることが先決です。

是非、冷えの悩みを解消していきましょう。